多嚢胞性卵巣の治療

Q,こんにちは。
既婚者です。
一年半ほど前に他の婦人科に多嚢胞性卵巣だと診断されました。当時は妊娠希望していなかった為、ピルの服用を勧められ1年服用しました。そして、妊娠を望むようになり去年の11月ごろにピルをやめ自然な生理は来たのですが血液検査の結果、まだ排卵はしていませんでした。
この結果から今度は排卵誘発剤を勧められましたが治っていないショックからその日は排卵誘発剤をもらわず帰りました。
身内にその事を言うと「他の病院でも見てもらいなさい。」との事でした。今月の5日から基礎体温をつけはじめました。
おおつか先生に診ていただいたら排卵誘発剤を飲まない自然妊娠の方法は見つかりますか?
また多嚢胞卵巣は片方だけという可能性はありませんか?
長々とすみません。
お手すきの時にお答えいただければ幸いです。


A,すぐに妊娠を希望しない多嚢胞性卵巣の方には私もピルを処方します。しかしこの投薬は病気を治す目的ではなく、病気をそれ以上悪化させないために行うものなのです。

そういう患者さんが妊娠を希望するようになれば、なんらかの形での排卵を助ける薬が必要となります。
多嚢胞性卵巣の程度が軽い方でしたら漢方薬で排卵する方もありますし、程度が重症の方は卵巣を刺激する注射薬が必要ということになります。
一度診察を受けていただければ、どの程度の薬が必要なのかというお話をできると思います。

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930