2014年03月

多嚢胞性卵巣の治療

Q,こんにちは。
既婚者です。
一年半ほど前に他の婦人科に多嚢胞性卵巣だと診断されました。当時は妊娠希望していなかった為、ピルの服用を勧められ1年服用しました。そして、妊娠を望むようになり去年の11月ごろにピルをやめ自然な生理は来たのですが血液検査の結果、まだ排卵はしていませんでした。
この結果から今度は排卵誘発剤を勧められましたが治っていないショックからその日は排卵誘発剤をもらわず帰りました。
身内にその事を言うと「他の病院でも見てもらいなさい。」との事でした。今月の5日から基礎体温をつけはじめました。
おおつか先生に診ていただいたら排卵誘発剤を飲まない自然妊娠の方法は見つかりますか?
また多嚢胞卵巣は片方だけという可能性はありませんか?
長々とすみません。
お手すきの時にお答えいただければ幸いです。


A,すぐに妊娠を希望しない多嚢胞性卵巣の方には私もピルを処方します。しかしこの投薬は病気を治す目的ではなく、病気をそれ以上悪化させないために行うものなのです。

そういう患者さんが妊娠を希望するようになれば、なんらかの形での排卵を助ける薬が必要となります。
多嚢胞性卵巣の程度が軽い方でしたら漢方薬で排卵する方もありますし、程度が重症の方は卵巣を刺激する注射薬が必要ということになります。
一度診察を受けていただければ、どの程度の薬が必要なのかというお話をできると思います。

妊娠率が高いのは排卵日に性交渉

Q,妊娠希望なのですが、排卵日前の性交でないと妊娠はしにくいですか?
生理が終わって数日後の性交だと妊娠の可能性は低いのでしょうか?


A,もっとも妊娠率が高いのは排卵日に性交渉をもつことです。 排卵日を推定する方法はいろいろなものがありますので、お子さんを望まれているのでしたら、一度受診されたらいいと思います。
 

多嚢胞性卵巣症候群の排卵誘発

Q,1年ほど前に、多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。半年ほど漢方で治療を行っていたのですが、一旦中断しています。最近結婚し、赤ちゃんを授かりたくて悩んでいます。私は、排卵がしにくく、男性ホルモンが高値だと言われています。生理も来たり来なかったりで、やっと来ても微量の出血が1ヶ月以上続いたりと、かなり不安定です。妊娠を強く望んでいるので気分的にもかなり落ち込んでしまいます。良く言われている、身体を冷やさないとか、運動習慣をつけるとか、自分なりに調べて実践していますが、そろそろまた病院に通うかどうか悩んでいます。

長々と申し訳ありません。何かアドバイスあればよろしくおねがいします。。

A,多嚢胞性卵巣症候群の方は排卵がしにくくなっていることが不妊の原因となっている方が多いのです。
軽症の方でしたら漢方薬だけで排卵するようになる方もいますが、重症になるとなんらかの排卵誘発治療が必要になると思います。
多のう胞性卵巣の方の排卵誘発はホルモンの専門家でないと難しいので、一度ご来院ください。

 

2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031