PCOSで不妊治療中の方からの「稽留流産について」のご相談

Q,PCOSで不妊治療をしております。
3回目の体外受精で妊娠できましたが、昨日の検診で8週3日でしたが心拍確認できず稽留流産と診断されました。

仕事の都合もあり、手術は明後日に施行予定ですが、昨日よりトイレにいくたび少量の出血があったり、それがとまったり、茶色のおりものがみられます。腹痛はありませんが、下腹部に違和感があります。明後日の手術まで待っていいものか、心配です。特に熱や痛みなどありませんが、これが感染症につながるのではないか、と心配しておりあす。明日一日仕事があるのですが、予定まで待っても問題ないでしょうか?


A,稽留流産の手術予定の方が、手術予定日より前に自然流産することはよくあることです。

ただし流産と思われる出血が始まった時には、手術を受ける予定の病院で完全に流産しているかどうかを確認してもらってください。胎盤組織などが子宮内に一部でも残っているときには手術を受けなくてはならないからです。

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031