大阪市の不妊治療ナビは保険が使える全ての不妊治療を試してから、体外受精をおすすめします!

06-6776-8856 大阪四天王寺区南河堀町9-40 JR天王寺駅北口より徒歩3分

ホーム > 不妊治療にかかる費用

不妊治療にかかる費用

保険がつかえる不妊治療

子宮卵管造影検査、精液検査、排卵誘発治療などがあります。
子宮卵案造影検査は卵管がつまっていないか、通過性はあるのかを調べる検査です。
精液検査は ご主人の精液中に十分な量の精子がいるかどうかを調べる検査です。
排卵誘発治療は 排卵がうまくいかない人の排卵を手助けする治療です。

不妊症の患者さんが最初にチェックされる内容は

1)排卵しているかどうか

内診と超音波検査で排卵時期を推定する  約2,000円
尿検査で排卵時期を推定する(2回分)    約1,000円
血液検査で排卵時期を推定する       約1,500円

2)卵管が通過しているかどうか 

近所の病院にて、子宮卵管造影検査を依頼しています。 約8,000円

3)夫の精液中に十分な精子がいるかどうか

夫の精液検査 を行います      約1,500円
以上が保険でできる不妊症の治療ですが
 
AIHという夫の精液を濃縮したあと子宮内に精液を注入する治療は 自費で2万円
かかります。

自費の不妊治療

人工授精治療がこれにあたります。 ご主人の精子が少ない方や、精子が子宮内に入っていきにくい方は、精子を洗浄濃縮して子宮内に直接注入します。

PAGE TOP