大阪市の不妊治療ナビは保険が使える全ての不妊治療を試してから、体外受精をおすすめします!

06-6776-8856 大阪四天王寺区南河堀町9-40 JR天王寺駅北口より徒歩3分

働きながらの不妊治療

仕事と不妊治療の両立

当医院で不妊治療されている患者さんの約70%の方が、日中お仕事をされています。
毎日、注射のみでご来院頂く方には、なるべく待ち時間の少ないようにさせていただいております。
 

不妊治療の排卵誘発剤の注射

 
 排卵誘発剤を毎日打たれる方は、仕事の終了後にクリニックへ寄ってもらう方もいます。
月曜から金曜の19:30までに来てもらえれば、毎日注射ができます。
19:30までに来院できない方は、自己注射キットにて注射をしている方もあります。
平日はクリニックで注射をうけ、土日のみ自己注射キットで自分で注射をするという方もいらっしゃいます。
 

排卵誘発剤の1回あたりの料金と注射期間

 
1回の注射の料金は再診料込で700円から900円位です。
注射の種類によって若干料金は変わります。
注射を何日間投与するかというのは無排卵症の程度によります。
軽症の方は2~3日で卵胞が成熟しますし、重症の方では成熟までに10日以上必要な方もあります。


自己注射キットを用いて排卵誘発される方の料金

1本の注射キットでおよそ6回注射ができますが、その料金は約11,000円です。
PAGE TOP